一麦の群

FrontPage

東日本と熊本

ようこそ、一麦教会ホームページへ

「あなたはわたしを愛していますか」
ヨハネ21章17節 [新改訳2017]

一麦教会 礼拝堂 パイプオルガン ステンドグラス 壁画

バイブルメッセージ集会案内そのほかの活動

バイブルメッセージ ・・3月

「私たちは、あなたがたのところにいたときにも、働きたくない者は食べるなと命じました。」(新約聖書テサロニケ人への手紙第二 3章10節)

「働かざるもの…」と言えば、続きはもうみなさんはご存知でしょう。そう、「食うべからず」です。きっと上記の聖書の箇所からヒントを得たことわざなのだと思いますが、聖書のみことばとは大きく異なっています。聖書は、「働かない者は食べるな」とは言っていません。「働きたくない者は食べるな」と命じているのです。

働くことができない人はいます。
生まれつきの障害や、さまざまな事情で、仕事と呼ばれるものに就けない方は多くおられます。でも、そうした人も食べて、健康と幸福を求めて生きる権利があります。そうあらねばなりません。
高齢になって、一つひとつの体の弱さが、働くことを不可能にしてしまうことだってあります。
いえ、若い方であっても、心が座り込んでしまって、働きたいのに、働くことが本当にできない人がおられることでしょう。

でも、聖書は「働かない者は食べるな」とは言ってはいないのです。
聖書は「働きたくない者は…」と言っているのです。

イエス様は、あなたが働けようと働けまいと、あなたのその存在を愛して、十字架にかかって罪をゆるしてくださいました。これを信じるなら、働けなくったって、永遠のいのちをくださるのです。

働くこと、それは悪いことのように思う方がおられるかもしれません。
聖書を知っている方の中には、きっと、最初の人アダムが罪をおかしたから、呪いとして仕事が人間に与えられたのだ、と考えている方もおられるかもしれません。でも、どちらも違います。

聖書は、アダムが罪をおかす前から、神様がアダムに仕事をお与えになっていたことを記しています(創世記2章15節)。
仕事は悪でも呪いでもありません。罪の結果、つらく苦しいものとなってはいますが、それでも、神様からあなたに与えられた、生きる喜びなのです。

明日、つらいお仕事が待っているのでしょうか。でも、働けるあなたには、幸いな一面もあるのです。
お仕事に戻るために、勇気が必要なのでしょうか。働くことはあなたができる正しいこと、そして善いことなのですよ。
そして、職場の全員ではないかもしれない。けれど、あなたと一緒に働きたい、と思っている人だってきっといるのです。

また、「働きたい。生活の必要のためはもちろんだけど、でも、働く人にもう一度なりたい。」そう願っておられる方がいるなら、それはすばらしいことです。その思いを大切にしていてください。そして、次のことを覚えていてください。
病床で、両手両足が動かないような方がおられたとします。でも、ほんの少しであっても、その人の微笑みが病院を明るくするかもしれません。であるなら、その微笑みは、その人の仕事となるのです。

こう考えると、あなたにも働きがあるのです。あなたも大切な人。あなたの存在にも意味がしっかりと刻み込まれているのですから。
休息も大事。しかし、働くことも私たちの幸せであることを覚え、「働きたい」という気持ちを、誰にも奪われないように歩んでまいりましょう。

礼拝にはどなたでもお越しになれます。ぜひ、参加してみてください。持ち物は何もいりません。教会は心からあなたを歓迎いたします。

《一麦教会 牧師》

集会案内

  • 日曜日
    聖日礼拝 AM10:00
    教会学校 AM8:45
    中高科クラス AM9:00
  • 第2日曜日 午後
    壮年会
  • 第4日曜日 午後
    青年会
  • 毎週水曜日
    祈祷会 PM7:00
  • 毎週金曜日
    アンデレ集会(聖書の学び) AM10:00(休止中)
  • 第2火曜日
    婦人会 AM10:00
  • 第4火曜日
    ヤングミセス AM10:00

そのほかの活動

  • 手話の勉強会
    毎週月曜日 AM10:00
  • ハンドベル
    毎週木曜日 AM10:00

トータル:141962 今日:47 昨日:62

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

since2010/11/07

累計 本日 昨日